メインイメージ画像

実績のある買取業者は美術品の適切な価値を見出してくれます

日本の美術品は素晴らしいものですので、中国系バイヤーや、観光客などが、よくワイドショーなどで、日本の美術品を買いに来ている様子が映されますが、現在では、中国系以外にもイスラム系やヨーロッパといった、様々な美術品の買付人が日本を訪れています。そして、日本の国内業者や個人なども、美術品の売買を積極的に実施しているので、もし美術品を所蔵している方は、買取を依頼する大きなチャンスでもあります。また現在の円安で、海外の買取業者も、日本の美術品の買取に力を入れているので、この後も需要が増える可能性が高いと言えます。

こうした中でも、美術品の買取を行ってもらうには、よりもっと高く買取ってもらうコツを知る必要があります。

美術品の買取と言っても、絵画や骨董品など色々なものがあります。なので、ご自身が持ち込もうと思っている美術品の買取に適した業者を選びましょう。見慣れた街の総合リサイクルショップなどでも、ちょっとした年代品や美術品を買取る事がありますが、そういったリサイクルショップを訪れる客層は、高価な美術品を買い求めてはいません。安価な調度品や家具を買い求めて来るので、もし貴方の美術品が歴史的骨董的に価値のあるものであれば、適切な価値を見積もってくれる業者を選ぶ必要があります。



そうした業者を選ぶ際の一つの基準としては、より多くの業績を持っているという点です。絵画なら絵画の買取実績を多く持っている業者に依頼すると、高値で買取ってもらえる可能性が上がります。なぜなら、絵画の買取実績がたくさんあるということは、それだけ絵画というものを欲しがっている顧客を抱えているという事を意味するからです。



また、絵画を専門とする買取業者では、プロフェッショナルな絵画の鑑定士がいるので、日本画から西洋画に至るまで、幅広いジャンルでも適切な価値を見出してくれます。もちろん業者自体の実績の有無も重要になります。歴史が浅い業者の全部が、悪徳業者な訳では勿論ありませんが、長い間この業界で買取実績を持っているという事は、それだけで大きな安心材料となります。

更新情報